幸せあふれる健康ごはん

東京都墨田区の小さなお料理とパンの教室です。 レッスンの事、レシピ、日々の事、子育て等、をつぶやいていきたいと思います。 レシピは簡単なものを中心に、作り置きレシピやパン等が中心です。 作ったよ!メッセージいただけると嬉しいです!

カテゴリ:レシピ > 野菜

こんにちは!

墨田区の小さなお料理とパンの教室「リマクッキング」です。

ブログにお越しいただきありがとうございます!

今日はレシピのご紹介です✨

頂き物のかぶと柚子があったので
塩麹ドレッシングでマリネにしました!

とても、簡単ですが
かぶ嫌いの子供達も喜んで食べる一品です!

IMG_2047

材料
かぶ   2個
ハム   3枚
柚子   1個

☆塩麹   大さじ1
☆柚子の搾り汁  大さじ2
☆醤油   小さじ1
☆砂糖   2つまみ程度
油    大さじ2

FullSizeRender


作り方
①かぶは皮を剥いて短冊きりにする。
 ハムも同じ大きさに切る。
FullSizeRender

柚子は皮を剥いて細く千切りにする。
量は好みです。小さじ1〜2あれば十分です。

FullSizeRender





②マリネ液を作る。
 ☆を上から順番に混ぜる。最後に油を加え白っぽくなるまでよく混ぜ乳化させる。

IMG_2032


①と②を合わせ、あればかぶの葉を小口切りにしたものを添えて完成❤︎

IMG_2048

※柚子の酸味が強ければお砂糖を増やしてください。
※柿の千切りを加えても美味しいです!

さて、今日はお姉様の
クッキングへ参加してきました!

IMG_2042

カレーパン🍞久しぶりに作ったー!
具もすぐにできて、美味しかったです❤︎

IMG_2043

チーズケーキに


IMG_2044


 サラダも沢山🥗

ありがとうございました😊

沢山お話しできて楽しかったー❤︎

ランキングに参加しています!
ポチっと押していただけると嬉しいです!
いつも応援ありがとうございます!


ネクストフーディスト2期生として活動中です!
ネクストフーディスト


こんにちは!

墨田区の小さなお料理とパンの教室「リマクッキング」です。

ブログにお越しいただきありがとうございます!


今日はレシピのご紹介です☆

「正田醤油×レシピブログ」の
モニターコラボ広告企画で
いただいた
ナンプラーを使用した炒め物です☆

IMG_1169


これが、とっても美味しくて
何度も作っています!!

豚の代わりに
とき卵や豆腐を入れて炒めても美味です❤︎

大人も子供もおかわりする一品です❤︎

さっと作れるのでおつまみにも!

とても簡単なので
是非作ってみて下さいね☆

材料(4人分)
豚細切れ肉    100g
キャベツ     200g
ネギ       1本

☆ナンプラー   大さじ1
☆砂糖      小さじ1
☆レモン汁    小さじ1
☆にんにくおろし 1カケ分

ごま油      大さじ1

作り方
①豚細切れ肉は細かく切る。キャベツは1cm幅のざく切り、ネギは斜めに薄切りにする。
IMG_1148

②☆の調味料は合わせておく。

③フライパンに油を熱し豚肉を炒める。色が変わったらネギ、キャベツを加えて炒める。
火が通ったら合わせておいた②を加えて炒め、水分を飛ばして完成です!
IMG_1149

☆ごま油は他の油に変えてもOKです!

是非お試しくださいね♪

【レシピブログの「旨み広がる調味料 魚醤」
レシピモニター参加中】
魚醤で旨みたっぷり料理レシピ

ランキングに参加しています!
ポチっと押していただけると嬉しいです!
いつも応援ありがとうございます!


ネクストフーディスト2期生として活動中です!
ネクストフーディスト



こんにちは!

墨田区の小さなお料理とパンの教室「リマクッキング」です。

ブログにお越しいただきありがとうございます!

11月のレッスン情報は下のリンクから↓
料理教室検索クスパ

食学アドバイザーと料理の基本講座はこちら
FullSizeRender

さて、今日はピーマンのレシピです。

ピーマンがとても安かったのでつくりました!

ピーマン嫌いの子供達も
ごま油のおかげでおかわりして食べます。

材料も2つだけでとても簡単ですよ♪

IMG_0800

材料(4人分)
ピーマン     4個
ツナ缶      1缶

☆砂糖      大さじ1/2
☆みりん      大さじ1
☆醤油       大さじ1

ごま油       大さじ1

作り方
①ピーマンは半分にカットして種を取り、出来るだけ細く切る。
(細く切ってあげた方が子供は食べやすい)
(シーチキンは水煮缶を使用)
FullSizeRender


②小鍋にごま油を入れ中火にかける。
ピーマンを加えしんなりするまで炒めたら、
火を止めシーチキンを加えざっと混ぜ合わせ、
☆の調味料を加える。

FullSizeRender

③再度中火にかけ、途中で混ぜながら水分を飛ばし完成!
FullSizeRender

あればいりごまをかけるとさらに美味しいです❤︎

台風が近づいてきてますね。
ママ友が夕方スーパーに行ったら
棚にパンが一つもなかったそうです💦

皆さん、備えているのですねー!

どうか、被害が出ませんように!

ランキングに参加しています!
ポチっと押していただけると嬉しいです!
いつも応援ありがとうございます!


ネクストフーディスト2期生として活動中です!
ネクストフーディスト



こんにちは!

墨田区の小さなお料理とパンの教室「リマクッキング」です。

ブログにお越しいただきありがとうございます!


今日もレシピです✨

IMG_0244

茄子と牛肉の赤ワイン煮

フライパンでささっとできるのに、
オシャレな味になります♪

出来上がってすぐよりも、少し置いて茄子に旨味が染み込んでから食べた方が美味しいです!

作り置きにも!


ではでは材料から(2〜3人分)

牛肉     200g
玉ねぎ         1個
茄子         1本(120g)

赤ワイン        150g
☆ウスターソース        大さじ1
☆醤油               大さじ2
☆きび砂糖            大さじ1

バター10g
オリーブオイル     大さじ1程度

作り方
①玉ねぎは繊維に沿って薄切り、茄子は1cm幅に斜めにスライスする。

IMG_0202

②フライパンにバターを熱し玉ねぎを少し色付くまで中火で炒める。

   IMG_0203

③茄子とオリーブオイルも加えてさらに炒める。全体に油が絡んだら、牛肉も加えて色が変わるまで炒める。

IMG_0204

④赤ワインを加え煮立ててアルコールを飛ばす。
IMG_0205

⑤☆の調味料も加えて煮詰めたら完成です!

材料を入れていくだけなのでとても簡単です!

赤ワインはお料理用に安い物を購入しておくと便利です!

「食のプチコラム」
フランス人が脂っこいものばかり食べても
煙草をたくさん吸っても
キレイなのは赤ワインに含まれる
ポリフエノールのおかげ⁉︎なんて
言われているそうですね。
もちろん取りすぎは良くないですが、、、
紫のポリフエノールは日本人に不足しがちなので摂取を心がけるのもおススメです✨

ランキングに参加しています!
ポチっと押していただけると嬉しいです!
いつも応援ありがとうございます!


ネクストフーディスト2期生として活動中です!
ネクストフーディスト





おはようございます

墨田区のお料理教室「リマクッキング」です。

ブログにお越しいただきありがとうございます!

今日は朝から心地よい風が吹いていて
気持ちがいいです☆

そんな快適な日は
朝からストレッチに励んでいます❣️

最近の私の体調はというと、
タンパク質を意識して摂取しています。

すると、踵のカサカサが
ずいぶん良くなってきています。

かな姐さんが以前にブログで
糖質オフをし、タンパク質を摂取すると
踵のカサカサが軽減した
と書かれてあったので
期待していたら
本当に良くなってきています。

私の場合は
大豆製品からが主ですが
やっぱり体は口にしたものでできているんだと
実感しますねー👍

さて、今日のレシピは
さっぱり食べれる茄子の一品です。
味噌炒めが重いという時は
こういうメニューもおススメです!

IMG_9740

材料(4人分)
茄子          2本(180g)
トマト           1個(150g)

塩     2つまみ

☆塩        小さじ1/2
☆砂糖        小さじ1
☆米酢         大さじ1

大葉       2枚

油         大さじ2


作り方
①茄子は縦に8等分に切る。
FullSizeRender

②フライパンに油を熱し、茄子を皮目から焼く。皮目が色鮮やかになったら転がして全面を焼き、塩ふたつまみふっておく。
IMG_9636

IMG_9638

③トマトマリネ液を作る。
トマトは1㎝程度の角切りにし、ボウルで混ぜた☆と合わせておく。

IMG_9635

④お皿に茄子を並べて、上から③をかける。
最後に小さめのさいの目切りにした大葉をのせて完成。

とっても簡単です。
茄子はまだまだこれから
美味しくなってくるので
お試しあれー✨

ランキングに参加しています!
ポチっと押していただけると嬉しいです!
いつも応援ありがとうございます!


ネクストフーディスト2期生として活動中です!
ネクストフーディスト












このページのトップヘ